ピアノで身に付く習慣の大切さ

高橋ピアノ教室です。今回はピアノを習うことで身に付く習慣の大切さをご紹介いたします。ピアノをまとめて何日かだけ練習するのと、ピアノを毎日5分間練習するとでは上達スピードが大きく変わっていきます。どちらが上達が早いかというと『毎日5分練習する』ことです。人は繰り返すことによって、ものごとを覚えていくため毎日ピアノを弾くことで上達はとても早くなります。月の何日かだけまとめて練習するだけだと、前に練習したことを忘れていたり、弾けなくなっていたりすることがあるので毎日少しずつでも練習するようにすることで、覚えることが遥かに多くなり、弾けるようになっているなと実感できるようになります。

ピアノ教室

毎日ピアノを弾くことを習慣化させている生徒さんは、普段の勉強に取り組む姿勢も変わっていきます。学校の授業を復習する習慣ができたりと、コツコツ毎日取り組むことの大切さを理解できるようになっていきます。短い時間の中で今日やることを設定して、目的をもってやることで集中力も増します。また更に、宿題を一週間でこなすのにちゃんと割り振りをして計画を立てる練習になります。


当教室に通っていただいている生徒さんには毎日、コツコツと積み上げていくことの大切さを知ってもらい、実践していただければいいなと考えております。小さな頃から物事を継続して行う習慣化を身に付けることで、普段の学業、大切な受験、または大人になって社会に出たとき必ず役に立つことになります。ピアノを弾けるようになるためのプロセスを学びながら、普段の生活の中でも活かし、今後の生徒さんの人生に役立ててほしいという思いです。